カイロプラクティック&リフレクソロジー KOKUA(コクア)コクアのブログ

大阪の都島区でカイロプラクティックとリフレクソロジーといえば、・・・「ハイ!コクアです」 大阪市都島区都島本通3-18-10 TEL 06-6929-0537

1999年創業
大阪市都島区の「自律神経を調整する」整体院です。 今年で18周年です!

長年培った確かな技術、そして、真心込めた施術で

肩こり、腰痛はもちろん、その他様々なお体のお悩みを解決!!

特に、「自律神経失調症」の方に好評をいただいております。

コクアの整体は

「完全予約で、個室で、他の目、耳を気にせず、リラックスして受けることができる!!」

と評判をいただいております。

そして、今や、都島で整体・カイロプラクティックといえば、KOKUA(コクア)です。

地元をはじめ他府県の遠方からも多数来院されております。

けっして痛くないコクアの整体。

気持ちよく全身の筋肉をほぐしていくコクアの整体。

是非、お試しくださいませ。

DSCN4741
豊岡駅前のスーパーの鮮魚コーナー。
日本海の新鮮なサカナたち。
できれば買って帰りたかったなあ。(2017.9月撮)









日差しが暖かくなると旅ごころがくすぐられる。今年もどこに行こうか悩むところである。もちろん、青春18きっぷでのローカル線の鉄道旅も考えている。

さて、今月は、昨年の9月、18きっぷによるJR播但線の旅の最終目的地だった、姫路城をご紹介したいと思います。6か月前のひとり旅の回想で申し訳ないのですが・・・

兵庫県の豊岡駅をあとにして、JR山陰本線で和田山駅へ。そこから、超ローカルな播但線で姫路駅に向かいます。途中の寺前駅までは非電化なので電車ではなく気動車です。デーィゼル列車特有のあの「グワーン」という出発時の唸る音が魅力です。ガラガラに空いていたので駅の売店でビールを購入。これで旅気分満点。

DSCN4754




















DSCN4762




















DSCN4765




















DSCN4766
















山の傾斜を昇るときなど自転車並みのスピード。

車窓からののどかな風景を楽しみながらビールをゴクリ。あー、これぞローカル線鉄道旅の醍醐味。山や谷や畑の中を進む播但線の旅を満喫するといよいよ姫路駅に到着。

DSCN4777
















姫路駅の外に出ると大通りの突き当りにお城が見える。
歩くこと15分。
目の前には現存天守12城のひとつで世界遺産の大城郭!!
では、陳腐な言葉など無用なので、歩いた順番に撮影した写真で姫路城をご堪能ください。

DSCN4779




















DSCN4792




















DSCN4815




















DSCN4816




















DSCN4827




















DSCN4833




















DSCN4835




















DSCN4876




















DSCN4880




















DSCN4886




















DSCN4890




















DSCN4899




















DSCN4935




















DSCN4938




















DSCN4949




















DSCN4957




















DSCN4968




















DSCN4971




















DSCN4973




















DSCN4976




















DSCN4984











































DSCN5093
















あらかじめいっておきますが、寿司めしは使っていません。ふつうのごはんです。だから、なおさらお手軽です。中にマヨネーズをいれております。

味ですか?特に・・・ただ、「オススメ健康・・」とうたってるわりにはどこが健康レシピなのかな?ソーセージにはカルシウム含有と記載されてはいるがあまり期待できない。

よく考えたところ、海苔がありました。もともと高価な食材でしたが、1950年代、養殖が盛んになり比較的安定して流通するようになりました。

海苔・・・ビタミン、ミネラルはもちろん、食物繊維も多く含まれ、含有量の多いβ-カロテンは強い抗酸化力を持ち、体内では必要量に応じてビタミンAに変換されます。人体の粘膜や皮膚、免疫機能を正常に保ったり、視力を維持するために必要不可欠な成分です。

ご飯をエネルギーに変えてくれる栄養素ビタミンB1も豊富で、まさに「のり」で巻いて食べるおにぎりやお寿司は理想的な食べ方といえます。

カルシウム、骨の形成に必要なマグネシウム、貧血が気になる女性に嬉しい鉄分も多く含みます。

発ガン性物質を体外に排出する働きがあり、大腸ガンの予防効果が期待される食物繊維なども豊富に含まれています。まさに、栄養満点の食材だったんですねえ。

DSCN5083






めくっテープ」から剥こうとしても、いつもうまく剥けないんです。




DSCN5032

年末のコリアタウンは大賑わいであった。
ノボリには「オイソ(来てえな)ポイソ(見てえな)サイソ(買うてえな)」
(2017.12月撮










ぼくはスーパーが大好きで毎晩散歩も兼ねて約3軒出向くことにしている。ひとり旅で地方を訪れた際にも必ず大手チェーンではなく地元のスーパーを探して珍しい商品を物色している。

年が明けて、1月後半ともなるとスーパーをはじめ、デパートやコンビニには「恵方巻き」の宣伝ポスターだらけとなる。
年末年始の売り出しが終わると次に控えるのは2月3日の節分商戦。そして、いまや、全国的イベントに成り上がった丸かぶり寿司の準備にどこも賑やかである。

この「恵方巻き」の習慣ですが昔は当然ありませんでした。バレンタインデーのチョコレートと同じことで、ある業界が始めました。どこの業界かと言うと海苔業界。

江戸時代、大阪の商人たちが厄除けに巻きずしを食べたという記録も残ってはいるが歴史的な起源はあいまいで、一般家庭に知られるようになったのは1970年代。その仕掛け人は大阪の海苔問屋組合。その組合が「幸運巻きずし」の販促キャンペーンを行ったり、大阪の海苔店の経営者たちが節分のイベントで「巻きずし早食い競争」を開いたりして、徐々にマスコミにも取り上げられていきます。

その後、1980年代、ファミリーマートやダイエーが関西で販売を開始。それ以降、各社が販売網をひろげていき、2000年代にはいり全国展開となっていったわけです。

しかし、あのお寿司、高いと思いませんか?ここぞとばかりかなりいい値段をつけていますよね。まあ、具のほうもいろいろはいっているとはいえ、家族全員分数本購入しようものなら、3千円、4千円の世界である。

最近では、恵方巻きもお寿司だけにとどまらずいろいろ出てきている。
スイーツ業界がそうだ。

「堂島ロール」で有名なパティスリーモンシェールは「幸せ丸かぶりロール」と「堂島恵方巻きロール」というのを販売するという。

本物の海苔巻にそっくりな「幸せ丸かぶりロール」は、ミニサイズの「堂島ロール」を海苔に見立てた黒いシュー生地で包み込んだユニークな一品。中には苺、キウイ、オレンジといったフレッシュなフルーツが入っている。

「堂島恵方巻きロール」は、「堂島ロール」をそのままミニサイズにした、シンプルな恵方巻きロール。お値段、それぞれ864円、594円。これらが、高いか安いかは意見の分かれるところである。

さて、世の中には「恵方巻き?やりたいけどフトコロ具合がねえ・・・」とおっしゃる方も当然いるはず。
そこで、お安く、お手軽に丸かぶりをできるものってないのかなあと、いろいろ考えました。候補もいろいろありました。

まずバナナ。お手軽感たっぷり。栄養も満点。ただ、バナナはまっすぐじゃなく曲がっているからいけない。バナナはおサルさんにまかせておこう。

次に、串団子に焼き鳥。これらは、串が邪魔。ひとくち目はいいが、そのあとそのまま食べていくと串が喉に突き刺さるので、横から引き抜くことになり、かぶりつくとはいえない。

そして、とうもろこし。これは最初、横から、しかも中央付近から食べることになる。それに、かぶりつく、というより、かじるわけである。今年の恵方である南南東を向いてとうもろこしをかじる姿は想像できない。

もうないのか?と思っていたら、ありましたありました。魚肉ソーセージです。魅力は価格です。ニッスイの
「おさかなのソーセージ」というのがあって、近所のKスーパーで4本入り税込約200円。1本50円というわけです。ぼくは小腹がすいたときやビールのおとものために時々買って常備しています。

これ、価格もそうだが、大きさもお手頃。長さ17㎝、直径2㎝。これだと小さなお子様やおちょぼ口の貴女にもだいじょうぶ。
やわらかいので歯の悪い方やお年寄りのみなさんにも安心です。

ただ、魚肉ソーセージって、フィルムを剥く時なんですがなんだかわびしいというかあさましい感じがしませんか。今でこそ「めくっテープ」というのがついていて、簡単に剥くことができますが、昔、子供のころですが、先っちょを歯で、特に犬歯で噛んでおき、本体の方をグルグルとトルネードしたものです。

さあ、3分の2ほど剥き終わったらいよいよ丸かぶりです。真横にすると、曲がってしまうので、そうならないように少しだけ上方に傾けます。恵方(今年は南南東)を向きます。我が家に幸あれと祈ります。世界平和を願います。ビールをひとくち飲みます。パクッ!そして、クチッ!ここで、ビールをウグウグ。またもや、パクッ!続いて、ムギュ!あれれ、太巻きなどと違って口に入る量が少ないのであっというまに食べちゃいました。

そして、思いましたけど、魚肉ソーセージって、かぶりつくというより、食いちぎるというのが似合ってますね。
味ですか?特にうまくもないが特にまずくもない、って感じです。仕方ないですよ。
魚肉ソーセージって「期待されない食品の代表」なんですから。


このページのトップヘ